「リーグトップ評価」の中島翔哉、名手カシージャスの牙城も崩せるか

1
現地時間9月18日に開催されたリーガNOS(ポルトガル1部リーグ)第6節のフェイレンセ戦で、2ゴールを挙げたポルティモネンセの中島翔哉。今夏にFC東京から移籍し、まだデビュー2戦目ながら、全得点を挙げる活躍でチームを勝利(2-1)に導いた小兵アタッカーに、地元メディアは「才能溢れるドリブラー」、「新たな香川真司」と称賛を送った。

欧州主要リーグの様々なスタッツを紹介しているウェブサイト『WhoScored.com』の採点は、驚異の8.73点(10点満点)。堂々のリーグトップをマークした。新聞や放送メディアなどの点数に比べて全体的に高めとはいえ、かなりのハイスコアであるのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00030251-sdigestw-socc

2試合で2得点・1アシストの中島。新天地で早くも輝きを放っている

2
ポルトガル・リーグで今シーズンの平均採点がもっとも高いのは、ベンフィカの主砲ジョナスで8.02点(6節終了時点)。この得点ランクのトップ(7ゴール)を走るストライカーのアベレージを大きく上回っている事実からも、中島の評価の高さがわかるだろう。

ちなみに平均採点は7.98。まだ2試合しか出場していないものの、そのジョナスに次ぐリーグ2番目の高得点だ。

現地時間9月22日にポルティモネンセは、開幕6連勝で首位に立つポルトとの一戦に臨む。ここまで6試合でわずか1失点の守護神イケル・カシージャス(元スペイン代表GK)の牙城を、中島は崩せるのか。大いに注目だ。

3
ポルティモネンセ対ポルトは今日深夜28:30試合開始予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする