【海外の反応】本田圭佑がメキシコ1部のパチューカへ移籍

9
Soccer: Honda hopes to make mark at new club Pachuca

パチューカ本田圭佑は革命を起こす…現地メディア「魔法のような左足で結果を残してきた」

ミランを退団し、今夏メキシコリーグのパチューカに加わった日本代表FW本田圭佑について、メキシコメディア『SIPSE』が特集記事を組んでいる。

同メディアは「ここしばらくメキシコリーグでは(アンドレ・ピエール)ジニャックや(エドゥィン)カルドナ、(ワルテル)ガルガーノのような、国外で実績のある優秀な外国籍選手がプレーしている。パチューカは若い才能(アービング)ロサーノをPSVへ売却し、入れ替わるようにして本田をメキシコに招いた」と報道。

本田に対して「この日本人はミランで10番を背負い“クラック”としてイタリアでプレーした。スペイン語はまだマスターしていないが“できるだけチームの力になりたい”というお披露目会見での言葉は、パチューカの熱心なファンから自然と拍手と歓声が上がるメッセージだった」と伝えた。

「31歳という年齢でこれから衰えを見せるかもしれないが、彼の左足のクオリティーは疑いの余地がない。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは決勝トーナメントに勝ち進む原動力となり、実際に魔法のような左足でピッチ上で結果を残してきた」

また、同メディアではフランス代表のジニャックがティグレスで旋風を巻き起こしたことについて触れ、「ジニャックはメキシコで子どもたちを夢中にさせ、ヴォルカン(ティグレスのホームスタジアムの愛称)を熱狂させた。日本の英雄である本田もパチューカに新しい熱を持ち込み、エスタディオ・イダルゴ(パチューカのホームスタジアム)のファンを喜ばせる可能性は十分にある。それは本田がこれまでやってきた革命のプロセスの一環である」と、本田がパチューカで革命を起こす可能性が高いと記述しており、メキシコメディアもセリエAからやってきた本田に対してポジティブな印象を抱いているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000005-goal-socc

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする