【海外の反応】「サムライが結局レギュラーに返り咲く」長友に強力ライバル!インテルがブラジル人SBダルベルトを獲得

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは9日、ニースからブラジル人DFダルベルトを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 ダルベルトは2022年6月30日までの5年契約を締結。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約26億円)で、年俸は120万ユーロ(約1億6000万円)だという。

 同選手はクラブ公式サイトを通じて、「僕だけじゃなく、家族にとってとても大切な日になったよ。子供の頃からの夢を実現できた。この目標を達成できて嬉しいよ。タイトル獲得のために、インテルに貢献したい」とコメントした。

 現在23歳のダルベルトは母国ブラジルのフルミネンセやフラメンゴでプレーした後、2013年にポルトガル2部リーグのアカデミコ・ヴィゼウに移籍。2015年に同1部のヴィトーリアを経て、2016年夏にフランスのニースへ移籍した。昨シーズンはリーグ・アン33試合出場で3位に貢献している。左サイドバックを主戦場としているため、ポジションがかぶる長友にとっては強力なライバルとなりそうだ。-サッカーキング


Dalberts first few hours as a #Nerazzurri player

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする